Archive for the ‘独学’ Category

今では、パソコンやスマートフォンという存在は当たり前になっています。
毎日のように、パソコンやスマートフォンを使っている人も多いでしょう。
仕事だけではなく、プライベートでも活用している人が多いのではないでしょうか。
そんな人の中には、様々なアプリを利用している人もいるでしょう。
アプリを使っていると、「こんなアプリがあれば良いのに」と思うことはありませんか。
IT業界に興味を持っている人であれば、そのアプリを自分で作ってみませんか。
今では、数多くのアプリがありますが、中には「もっと、こんな機能があれば便利なのに」と感じることもあれば、「こんなアプリがあれば、便利なのに」と思うこともあるでしょう。
そんな気持ちを持っている人は、自分でアプリを作ってみてはいかがでしょうか。

アプリを作るとなると、「初心者には、無理だろう」と思われる人が多いと思いますが、実際には初心者でも独学でアプリを作成することは可能です。
独学というと、「無理だろう」と最初から諦めてしまう人もいますが、目的があれば大変なことも乗り越えることができます。
今では、多くの人が利用している「Lovestagram」のアプリは、なんとプログラミング初心者が独学で学んで作り上げたもの。
このアプリは、彼へサプライズをしたいという思いから作られました。
彼を驚かせたい、喜ばせたいという思いがあるからこそ、実現したアプリと言えるでしょう。
ということは、こういった強い意思があれば初心者でも独学でアプリを作ることは可能ということです。
「こんなアプリがあれば」といったアイディアがあるのであれば、尚更アプリ作りは楽しいものとなるのではないでしょうか。

普段からアプリを活用している人で、「こんな機能を付けてほしい」「こんなアプリを作ってほしい」という希望がある人は、人任せにするのではなく自分でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

独学でアプリ開発をする上で大事なのは、”調べる能力”です。
アプリの開発に必要な知識は、インターネット上で調べればほとんどすべて身に付けることができると言っても過言ではないでしょう。
例えばこちらのアプリ開発をされている人が運営しているサイトのように、アプリ開発に必要な情報をインターネット上で配信されていることもあるのです。

プログラマーは開発しているアプリにバグが発生した際に”インターネット上”で原因を調べることがあります。
一人で開発をする場合は、教えてもらう人がいないため、バグが発生した際にはどうしても自分で調べる必要がでてきます。
教本などを購入し教本通りに開発するのも、知識を身につけるのには十分に効率的ですが、自分のオリジナルのアプリを開発するときは、教本だけではバグの発生に対応できないことがあります。
バグはどんなにプログラミング知識がある人が開発したとしても、一つは必ず発生し得るものです。
そのため”調べる能力”は一人で開発する際には必須の能力と言えます。
独学でアプリ開発を始める人は多いですが、中には途中で挫折してしまう人もいます。
その挫折の理由のほとんどが、バグの原因を自らの手で調べることができずに、一つのバグを解消するのに時間がかかってしまい、また最終的にはバグが解消できずに諦めてしまうためです。
一人で開発をしていると、どうしても開発中のアプリの機能やデザインにこだわりがちです。
そのこだわりのせいでバグが発生し、原因を調べきれずに挫折してしまうのです。

まずは挫折をしないように、簡単なアプリの開発にチャレンジすることと、バグを自分の力だけで解決しようとせずに、しっかりインターネットで調べることが、独学でアプリ開発を行う上でのコツだといえるでしょう。

小学生を対象にしたアプリ開発の講演や実習がよく行われるようになってきました。
これからの時代は、アプリ開発が大きな流れになることはスマートフォンの普及などを考えてみても想像できると思います。
実際に毎月のように新しいアプリが配信され、利用されています。
これからは多様化できるアプリがより求められるようになる時代なのかもしれません。
基本的な知識や技術があれば、独学でもアプリ開発ができるところも人気が高い理由かもしれません。
そのために小学生などの柔軟な考え方、思いつきをアプリで表現することも多くなっているのではないかと思います。

これからアプリ開発をしてみたいと考えるのであれば、独学で学ぶことができる書籍やインターネットサイトもありますので自分に合った方法を探すとよいでしょう。
今では様々な情報がたくさん手に入りますから、とても便利です。
ただ書籍などは一度手に取って、中を確認してからの方が良いでしょう。
使う人によって理解しやすい内容は違うからです。
文字が多いものや図が多いものと、書籍によって特徴がありますので、何冊か見比べると良いでしょう。
そのためには多種類取り揃えている大型書店が良いかもしれません。
その場で良さそうな書籍を見つけたら購入して帰ることもできますし、ゆっくり考えてインターネットなどで購入する方法もあります。
他にも独学で学ぶ方法としては講習会などの活用も良いと思います。
商工会議所や、これから独立を考えている人向けのサポートセミナーなどでも、アプリ開発についての講習を行っていることもあります。
どのような方法であっても共通しているのは、情報を集めること、敏感になることではないでしょうか。